【就活目的だけではない!】私たちが長期インターンを選ぶ理由

多くの企業が取り入れつつある長期インターンですが、有給で数ヶ月から1年を越えるものも増えてきています。しかし、いざ自社で取り入れようと思っても、『学生にどのような業務を任せるか』や『なぜ学生は長期インターンシップをしようと思うのか』などわからない点が多く、踏み切れていないご担当者様もいるのではないでしょうか。

今回は、実際に長期インターンを経験している学生にインタビューをしました。学生が考える長期インターンの良い点・悪い点から、学生のリアルな声を他社の事例とともにお届けしたいと思います。今後の業務にお役立てください。

”優秀さの定義”が広がった、内定先での長期インターン

京都大学 4年 男性 Sさん
経済学部 経済経営学科
内定先(人材業界)にインターン中

長期インターンの概要
企業規模:1000人以上
期間:大学4年10月~3月(予定)
シフト:週5日 1日8時間 月初めにwebで申請
賃金:時給985円
業務内容:ライターの採用、記事確認・反映

大切なのは『漠然とした成長』ではなく『生産性の向上』

──長期インターンに応募したきっかけはなんですか?

Sさん
大学4年の前期で単位を取り終え、後期は何かしようと思っていました。そう悩んでいた時に、内定先からインターン募集のメールが来ました。まあお金も貯めたいし、自分が入社する企業のことをより知っておきたいなと思い、応募しました。あと漠然とですが、成長したいなと思っていましたね。

──その目的は達成できていますか?

Sさん
企業のことはかなり知れたと思います。就活の際に、その企業のことを結構調べたのですが、実際に働いてみると、全然知らなかったなと思います。具体的に、社内のありのままの雰囲気はすごく感じることができました。社員の方との長期的な関わりや社員同士の関係性は就活のときには見えなかった点ですね。また現在、インターン生3人だけで新メディアの立ち上げをやらせてもらっているので、この会社は裁量権がかなり与えられるなと思いました。ただブランドイメージとか気にしなくてはいけないため、大手ならではのやりづらさを感じました。

──成長はできていると実感しますか?

Sさん
かなり実感しています。周りのインターン生は視座が高い人間が集まっているということもあり、専門的な知識も含め、とにかく勉強しなきゃなって気持ちになりますね。またインターンをはじめる前も成長したいと思っていましたが、かなり漠然とした甘い考えだったなと思います。今は1日の生産性をどれだけ上げられるかを常に気にしています。

”顧客目線”から”開発者目線”へ

──長期インターンの良い点・悪い点は何ですか?

Sさん

良い点は、優秀な社員や学生と長期的に関わることができることです。今まで優秀な人って、世の中で優秀とされる著名人ってイメージだったんですけど、今は自分がしているような業務を、高いクオリティで行っている人とかもすごいなと思うようになりましたね。またインターンに来る学生も元々意識が高い上に、業務をこなすことで更に成長しているので、かなり刺激になります。

悪い点は、今まで関わっていた人と話が合わなくなったことですかね。インターンで様々な人と関わることで、自分の視座が高まりましたが、それまで関わっていた人たちとは、正直居づらくなりましたね。もちろん自分の成長と考えれば良い点ですが、同窓会とかあまり行きたくないなとか思うのは、少し寂しいですね。

──長期インターンを通して、自身の中で大きく変わったことは何ですか?

Sさん
たくさん変わったと思いますが、その中でもモノの見方はかなり変わったと思いますね。当然のことですが、どの企業も自社サービスを使ってもらうために、様々な取り組みをしています。そして自分も今そこに携わっています。頭ではわかっていても実際携わることで、すごく考えるようになりますね。実際、今まで電車の広告とか顧客目線で見ていたものを、『これはどういうターゲット層に向けて……』など開発者目線になりました。

インターン生だけのクリエイティブチームで実感した『現場の苦悩』

東海大学 3年 男性 Tさん

情報理工学部 コンピュータ応用工学科

就活中(志望業界は未定)

長期インターンの概要
企業規模:1000人以上
期間:大学3年9月~未定(契約では半年以上)
シフト:週3日 1日5~8時間 月初めにwebで申請
賃金:時給985円
業務内容:広告・デジタルサイネージ・ポップ等のデザイン

自己満足ではなく、他人に評価され、世の中で機能するデザインを

──なぜ短期インターンではなく長期インターンに応募しましたか?

Tさん
僕はインターンを通して、実践的な勉強をしたいと思っていました。今までは自己満足で終わっていたデザインでしたが、誰かに評価されてそのデザインが機能しているか知りたかったんですよね。またデザインを依頼してくる人たちがどのように考えて依頼してきているのかを見たいと思い、それらを長期インターンなら実現できると思い、応募しました。勝手なイメージですが、短期だと授業的なことしか出来ないのかなって。2週間程度のインターンで魅力的なものもありましたが、その後のことを考えるとやはりお金をもらいながら学べる長期が良いと思いました。

──実際働いてみてどうでしたか?

Tさん
デザインの依頼から世の中に出るまでを見れているので、実践的な勉強はできていると思います。新しい発見として、環境って大事だなって思いました。普段大学の授業でデザインしても長くて100分くらいでした。また自分で家で取り組んでも、途中他のことに手を出したり……。しかしインターンだとお金が発生しているため、責任感を持った上で、フィードバックをもらいながら5時間以上デザインのことだけ考えている、これはうまくなって当然だなって思いますね。

クリエイティブ現場の”実態”を知る

──長期インターンの良い点・悪い点は何ですか?

Tさん

良い点は、現場の問題点に気づくことです。現在、僕が働いているクリエイティブチームはインターン生だけで構成されています。上司から依頼があるときは個人ごとに依頼されるのですが、僕たちのチームにはガイドラインのようなデザインの型がありません。そのため、わずかにですが各メンバーの色というものが出てしまいます。僕たちで型を作ろうにも、スキル面や経験面的に、まだまだ難しい状態にあります。このようなことは実際にインターンとして働いてみないとわからなかった点だと思います。

悪い点は、インターンの業務で手一杯になっていることです。今までは、バイトをしてお金を稼ぎ、自分の作りたいものを作るという流れでしたが、現在はインターンでお金を稼ぎながら学べる、しかし自分が作りたいものにあまり時間を割けていないという状態です。

──長期インターンを通して、自身の中で大きく変わったことは何ですか?

Tさん
能力面は当然伸びていると思います。他には考え方も変わったと思います。僕が入っている大学のサークルでは、優秀な人間がみんなインターンをしていたので、”インターン=優秀”という印象でした。しかし実際自分がインターンをしてみて思うことは、インターンせず、自分でやりたいことを見つけて実践している人が凄いなということです。今自分は環境の整った場所でデザインさせてもらっていますが、それでも手一杯なので、自分一人で全てをこなして何かを生み出している人は尊敬できると思います。

3社の長期インターンで気づいた”やりがい”と”収入”の両立の難しさ

立教大学 4年 女性 Hさん

コミュニティ福祉学部 福祉学科

大学4年の5月に内定承諾

長期インターンの概要
企業規模:20人以上
期間:大学4年7月~未定
シフト:週3日以上 1日8時間 月初めに自分で申請
賃金:日給9,000円(8,000円+交通費1,000円)
業務内容:自社サービスの付随機能の営業

長期インターンという名の『やりがいの搾取』

──3社の長期インターンを経験したとのことですが、まず1社目に応募しようと思った理由は何ですか?

Hさん
3年生の4月に就活セミナーに参加したんですが、開催していた企業が長期インターンを募集していたので応募しました。成長したかったのもありますが、就活時に使えるネタが欲しくて……。期間は9ヶ月と決められ、インターン生で構成されたチームでSNSの運用などを行っていました。

──実際に経験してみてどうでしたか?

Hさん

1つの目標に対してチームで動くことの難しさを学びました。認識の擦り合せやプロセスの選定など、とにかくコミュニケーションをとらないとうまくいかないと身をもって経験しましたね。チーム対抗だったこともあり、どうすれば良くなるかみんなでひたすら議論したため、かなりやりがいは感じていました。

ただ9ヶ月間無給だったことは正直納得いかないですね。学生に『やりがい』を提供してくれることは嬉しいですが、バイトなどに割く時間が減っていることも確かなので、やりがい搾取の企業はやり方を見直してほしいですね。

──では2社目はどういう経緯で応募したんですか?

Hさん

2社目は内々定を出してもらう代わりに、その企業のリクルーターをするというものでした。私は元々人前で話すことが苦手だったため、克服したくて応募しました。期間は3年生の12月から4ヶ月ほどでした。ただ4ヶ月と言っても月に数回、イベントの打ち合わせと練習のために集まり、イベントに臨むという形だったので、克服までには至らなかったですね。

1社目は無給でしたが、かなりやりがいを感じていたことに対し、2社目は有給でしたが、あまりやりがいを感じることはできませんでした。そう思っていた時期に、ちょうど他社から内定を頂いたので、それを機にインターンを辞めました。

たった1人で挑んだ”社長直下”のミッション

──現在の3社目の長期インターンについて教えてください。

Hさん

4年生の5月に就活を終え、成長とお金稼ぎを両立できることしたいと思い、長期インターンの求人サイトに登録しました。そこでスカウトされた企業と話してみたところ、私が就活の際に軸にしていた『企業理念・人・成長環境』にマッチしていたため、その企業に決めました。業務はまだ決まっていなかったんですが、実際行ってみると、なんと社長直下の業務を任されました。

業務内容は、自社のサービスを使ってくれている企業に、付随機能を導入してもらうものでしたが、私と同じ業務をしている人がいなかったため、正直かなり不安でした。

──不安が募るなか、インターンが始まりましたが、実際働いてみてどうでしたか?

Hさん
とにかく社員の方たちに助けられました。業務は違えど、全ての業務に共通するポイントだったり、導入率をあげるために意識すべき点などを教えてもらいました。最初は、理解しつつも実践となるとうまくいきませんでしたが、繰り返し行うことで、サービスの説明しかできなかったところからヒアリング、相手に刺さるポイントがわかってきて、導入率アップにつながりました。

──3社の長期インターンを経験してみて、Hさんは長期インターンをどのようなものだと考えていますか?

Hさん
長期インターンは、成長できる環境が整っている場所だと思います。以前、私は飲食のアルバイトをしていましたが、社会人の方と関わる機会はあっても、マニュアルの通りに動くだけで、あくまで一アルバイトとしてしか業務できませんでした。しかし私が参加した長期インターンは、マニュアルはなく、自分で考えた上で責任を伴って行動するという他の社員の方と同様に業務を行うものでした。社会人の方には当たり前の環境でも、私たち学生にとっては、成長を実感できる貴重な経験だと思いますね。

まとめ

インターンと聞くと、就職活動の一環で経験していると思う方も多いかもしれません。しかし今回のインタビューによると、お金を稼ぐだけのアルバイトややりがいや成長のためのサークルなどといった選択肢の中に、お金を稼ぎながら成長できる”長期インターン”という新たな選択肢の1つとして捉えている学生も多いことがわかりました。

学生は長期インターンを通して、普段の大学生活では知ることのできない『企業で働く』ことを知ります。そのためインターンだからと言って学生のためにカリキュラムを準備するのではなく、他の社員同様にミッションを与え、一社員として意見できる環境を提供することが、学生に対して本当の価値を提供できるのかもしれません。

ABOUTこの記事をかいた人

HeRman編集部

これからの新卒採用がわかる人事向け専門メディア、HeRman[ヘルマン]です。最新の新卒採用手法の基礎知識、成功ノウハウ、採用ツールなど様々なコンテンツを提供し、変化する新卒採用市場において人事の皆様にお役立ちできる情報をお伝えします。