「大人のプライドより、子供のチャレンジ精神」株式会社ピアズのインターン生にインタビュー

株式会社ピアズ

今回は株式会社ピアズ様(以下、敬称略)で長期インターンに参加している、神田外語大学(外国語学部/国際コミュニケーション学科)3年生の上田さんにインターンについてお話を伺いました。株式会社ピアズでは商品プロモーション企画・運営に携わっている上田さん。長期インターンを始めようと思った経緯や、仕事観が変わるきっかけとなったエピソードとは?

サッカー少年の挫折

ーさっそくですが、自分自身にキャッチコピーをつけるとしたら何でしょう?

上田さん
「野生的なプーさん」。優しくて話しやすいからプーさんっていうのはあるんですけど(笑)積極的になんでも好きなことをやりたいなってスタンスなので、そういう意味で”野生的な”をつけています。

ー幼少期〜高校時代のエピソードを教えてください。

上田さん
幼少期からずっとサッカーをやっていました。このままサッカー選手になるんじゃないかなってずっと思ってましたね。ただ、練習の中で唯一、走り込みが大っ嫌いだったんですよ。それで中学生くらいでだんだん走らなくなってきて、ちょっとサッカーが嫌になってきちゃったんです。
高校でもサッカー部に入ったんですが、そのサッカー部は校内でも有名なくらい走り込み練習がキツいんです。ついていけなくなって、それでサッカー部を辞めちゃったんです。

ーそんなに好きだったサッカーを辞めちゃったんですか?

上田さん
自分のプライドですかね。高校までは結構ちやほやされてたので(笑)
それまでは試合に出られないこともなかったですし、チームメイトから走れなくて叱られるとか、耐えられなくて。でもその時は「自分はできる」とか「自分には才能がある」とか要らないプライドをすごく持ってたんです。そのプライドを「将来こうなりたい自分」に持ってたら、もっとしっかりサッカーと向き合えてたのかなとも思います。

ーサッカーを辞めてから、高校生活は何をしていましたか?

上田さん
高校ではアメリカでの語学研修に参加できるクラスにいたので、英語の勉強をしていました。

ーアメリカでの語学研修はどうでしたか?

上田さん
「こんなに自由で楽しい世界があるんだな」って知りました。アメリカの人たちは縛られていないというか。みんなそれぞれが好きなことをして、楽しんで生きている雰囲気が伝わってきました。すごく憧れを持ちましたね。
今までずっとやってきたサッカーを捨てて、ちょっと絶望していたところから、なんか良くなるかもしれないなと感じました。海外に行けば自由な環境を得られるのではと思って、英語の勉強も続けて、現在の神田外語大学に入学しました。

ガラッと変わった仕事観

ー長期インターンを始めようと思ったきっかけは?

上田さん
大学では国際ビジネス専攻なので、3年生時に必修でインターンがありました。必修なので嫌々ながらも2週間のインターンに参加しました。

ー初めて参加したインターンはどうでしたか?

上田さん
すごく楽しかったです。初めて「仕事って楽しくできるのかもしれない」って。考え方が変わりましたね。あとは頑張ったら頑張っただけ、評価されるところも良かったですね。頑張ったら評価されるって、学校でもあまりないんじゃないかと思います。学校だったら本当に際立った人だけを取り上げて「こんな人になりましょう」と学習させる。でも仕事の場は違って、それぞれの個性を社員さんが拾ったりとか「こういう人もいるんだよ」と紹介する。その時に、個性を出せる場で本気でやれば楽しくなると確信しました。

ー必修のインターンで「楽しかった」と感じた要因は何でしたか?

上田さん
社員さんですね。仕事って、ドラマとか観てると、みんな疲弊しながら働いてるイメージだったんです。でもそこの社員さんたちは、有給を使って、インターン生たちの作業や自己分析を手伝ってくれたり、成長をサポートしてくました。社内も笑顔が絶えないような環境で、ずっと楽しそうなんですよ。それで疲弊しながら働くという仕事のイメージが、ガラッと変わりました。仕事ってもっと楽しくできるんじゃないかなと。その時から、楽しいことしかしないようにしようって決めましたね。

ー現在の株式会社ピアズで長期インターンを始めたきっかけは何ですか?

上田さん
大学3年生でまわりの学生たちが就活を始めている中、僕はまだやりたいことも見つかっていなくて。とりあえず合同説明会とかセミナーに参加して、周りのモチベーションを探ってみました。でも、みんな何をやりたいか分かってないんですよね。仕事に対してどうしたいか、仕事を通じてこうなりたいか、じゃないんです。この会社に入りたいからどうしようとか、そういう気持ちの人が多いんですよ。話を聞くよりまず働いてみた方が、企業のことや自分がやりたいことが分かると思ったので、長期インターンを始めようと決めました。

ー長期インターンはどのように探しましたか?

上田さん
パソコンで「長期インターン 春期から」と検索して、上位に出ていたキャリアバイトから応募しました。単純に求人が選びやすいし、企業とのチャット機能も使いやすかったですね。

ーキャリアバイト内でどのように求人を選びましたか?

上田さん
最初はキーワードで「コンサル」と検索しました。業界は特にこだわりがなくて、とりあえずコンサルという職種だったらいろんな企業や業界に触れられるかなと思ったので。

ー多々ある求人の中で、株式会社ピアズを選んだ理由は何ですか?

上田さん
いくつかの企業に応募していたのですが、いちばん返信が早かったです。あとは写真がニコニコしてました。サイトで見るだけでは情報が少ないので、写真の雰囲気は大事ですね。

株式会社ピアズでインターンを始めてから

ー実際に長期インターンを始めてみてどうでしたか?

上田さん
最初はめちゃくちゃ不安でした。責任とか。隣に社員さんが座っているので、ミスしたらどうしようとかビクビクしてました(笑)でも、個性を尊重してくれる環境に行きたかったという僕の考えを受け入れてくれるような、そんな会社なんですよね。インターン生たちに企画から実施まで任せてくれる。やってみたいと声を上げたことに対してちゃんと結果が残せるので自信にも繋がります。

ー長期インターンとアルバイトの違いは感じますか?

上田さん
長期インターンは、会社のために自分は何をするべきか考える。単調な作業や、指示されたことに従うだけではないので、そこに面白さを感じます。長い目で見て、幸せとか達成感を得られるのは、圧倒的に長期インターンだと思いますね。

ー先ほどお話しされていた、「楽しく働く」というスタンスは貫けていますか?

上田さん
思ってた以上に「楽しく働く」が出来てると思います。楽しい仕事をするためには、大変な仕事もあるんですけど、これからもっと楽しくなるんだろうなって希望が持てているので、いろんな業務をして、新しいことを始めるにあたって社員さんにぶつかってダメージを受けても、スポンジみたいに吸収していこうという考えになりました。
最近、座右の銘を決めたんです。「大人のプライドより、子供のチャレンジ精神」。思春期ぐらいになったらちょっと格好つけたり、失敗を恐れたりすると思うんですけど、そんなの要らなくて。プライドなんか自分から取り去ってぶつかっていけば、後々楽しくなるってこともわかったので、この座右の銘を意識しています。

ー上田さん、ありがとうございました!

インタビュー後記

将来どこで働きたいかよりも、どう働きたいかという仕事観を持ち、個性を活かして楽しく働くことを追求する姿勢が印象的でした。インターンを始める前は仕事に対してマイナスなイメージが多かった上田さんですが、実際に企業に入って働くことで、新たな世界を見出せたようです。インターンに参加することは業界理解に繋がるだけでなく、理想の働き方を知る貴重な機会にもなり得ると感じました。

キャリアバイトでは早期から成長を目的とした“意欲の高い学生”が採用可能。初期費用は0円。中小企業・ベンチャー企業・スタートアップ企業の掲載も大歓迎です。
優秀で意欲あふれる学生たちが多数登録しているキャリアバイトへの求人掲載はこちらよりお問い合わせください。

株式会社ピアズ様インタビュー
株式会社ピアズ

ABOUTこの記事をかいた人