【21卒学生に聞いた】大学2年生から就職活動を始める理由

昨今、企業の採用広報が解禁となる3月1日以前に、就職活動を始める学生は年々増加しています。実際、3月に20卒向けのナビサイトがオープンしたばかりですが、新卒スカウトサービス「iroots」にもすでに約1万名もの21卒学生(現2年生)が登録しています。多くの企業がまだ採用活動を開始していない今の時期から就職活動を開始している学生は、一体何を目標とし、どのように就職活動を行っているのでしょうか?その実態をまとめました。

まだ2年生の彼らが早期から就活をするワケ

まず最初に、今回調査に協力してくれた21卒学生は、いつから就職活動を行っていたのでしょうか。今回実施した調査内の「就職活動の開始時期を教えてください」という質問に対して、75.8%の学生が「2018年12月~2019年2月」と回答しました

しかし、多くの企業が21卒の採用活動をスタートしていない今、彼らは何を持って「就職活動」としているのでしょうか?その内容として最も多く挙げられたのは「自分に合う企業・業界を探すこと(80%)」でした。
逆に「志望企業の選考対策のため」という理由を挙げた学生は18%に留まったことから、早期から就職活動を行っている学生は、志望業界を見定めてから動いているわけではなく、様々な業界を広く見て情報収集をしているということがわかります。就職活動が進むと志望企業・業界が絞られていき、自社を意識させることが難しくなるのに対し、今はターゲットとなる学生に、自社を志望企業として意識させやすい時期だと言えます。

大手ナビサイトの利用目的も変わりつつある

ここで興味深いのが、大手ナビサイトの使い方がエントリー目的だけではなく、企業名を調べる辞書のようなものに変容しつつあるということです。

というのも、今すでにナビサイトに登録している21卒学生の一部は、ナビサイトが21卒向けにオープンする2020年3月以前に就職活動を終了させたいと思っているということが今回の調査によってわかりました。というのも、本調査内の「現在使用している就活サイトは何か」という質問で、半数以上の学生が大手ナビサイトの名前を挙げており(大手ナビサイトは現時点で21卒の学生でも会員登録が可能)、同時に、「理想の就活終了時期」という質問に対しては、3人に1人の学生が「2020年3月の就活解禁前に終えたい」と回答していました。

「就活サービスを選ぶ基準は何か」という質問でも、「説明会・インターンなどの情報量が多い」「内定者のESが豊富」「就職活動についての記事が多く掲載されている」「口コミで情報が得られる」などの情報収集目的の理由が多く挙げられていました。

「Twitterで社風を見てます」21卒学生のTwitter活用方法

今回の調査の中で「就職活動におけるSNSの活用方法」についての質問を設けたところ、65%もの学生が就職活動で何かしらのSNSを利用しているという結果が得られました。その中でも、一番多くの学生が使用していたのはTwitterで、その活用目的は大きく2つに分けられることがわかりました。

1つ目の目的は、志望企業の新卒採用アカウントをフォローし、説明会やインターンの情報を得ることです。Twitterの新卒採用アカウントを持っている企業はかなり多く、もはや必須なツールとも言えるでしょう。

学生の声

  • 「企業アカウントでは就活情報が最も早く伝達され、すぐに応募ができるため。」
  • 「企業の情報がいち早く知れるため。」

2つ目は、社員の個人アカウントをフォローし、その企業の社風を知ることです。社員が実名アカウントを運用し、社内の情報を発信することでブランディングを行っている企業も増えています。

学生の声

  • 「様々な企業の方がTwitterのアカウントを持っているので、どんな考えを持っていて、何を発信しているのか知りたいから。」
  • 「ツイッターで関心のある業界・企業の社員のリアルな声を調べている。」

就職活動においてSNSを活用する学生の増加は特徴的ですね。Twitterで「21卒」と検索し、就活生のアカウントを見てみるのも良いかもしれません。

まとめ

今の時期の21卒学生は、特定の志望企業があるわけではなく、様々な業界を広く見て、情報収集をしているということがわかりました。つまり、この時期から動き始めている学生に認知してもらうためには、今の時期のアプローチが必須ということです。自身のキャリアについて早期から考えている21卒学生の動きをキャッチアップし、自社の採用活動にお役立てください。

ABOUTこの記事をかいた人

HeRman編集部

これからの新卒採用がわかる人事向け専門メディア、HeRman[ヘルマン]です。最新の新卒採用手法の基礎知識、成功ノウハウ、採用ツールなど様々なコンテンツを提供し、変化する新卒採用市場において人事の皆様にお役立ちできる情報をお伝えします。